石川県は山代温泉の鉄板スポット7連発!明智光秀から北大路魯山人まで!!(前編)

古総湯 ロードバイク
Pocket

歴史と文化のまち・山代温泉

声高らかに温泉好きとうたいながらも
山代温泉を知ったのは、焼き物からでした。

金沢からはやや離れているので、
行ったことなかったんですよね。

今回はロードバイクもあったので
金沢から悠々と旅してまいりました。

今回のラインナップは、こちら・・・

◆ロードバイクで金沢→山代温泉へ
「しおさいロード」は海が見えない!
◆山代温泉はミニマルな温泉街!
「そば 山背」で昼食とろろ蕎麦
◆いよいよ温泉へ!
「古総湯」は裸の付き合い社交の場!
◆温泉といえば温泉卵!でも
〇フト〇リームといっしょに食べるのは
なんぼ何でも、どやさ・・・

 

ロードバイクで金沢→山代温泉へ
「しおさいロード」は海が見えない!

金沢から山代温泉までは最短距離を走らず
海沿いの道を走っていきました。

たとえ遠くなったとしても
その方が気持ち良いからです!
長距離走るときの爽快感は超大事。

あまり調べずに行ったもんで
海、全然見えませんでした。泣

確かに海沿いは走れるんですが
防砂林?のようなものがあって
海は垣間見えるくらいです、文字通り。w

気持ち良さは保証できませんが
1本道で車もそんなに多くないので
路面状態は良いと思います。
走っていて全然疲れませんでした!

山代温泉へのアクセスは、以下の通りです。

////// 列車で移動する場合 //////

金沢駅

↓JR東海道本線
↓特急サンダーバード 大阪(25分)

加賀温泉駅

温泉駅北口(バス停)

↓加賀温泉バス温泉 大聖寺線
↓加賀温泉行(2駅で乗換 2分)

作見南(バス停)

加賀温泉バス 温泉山中線
↓山中温泉行(10駅 10分)

山代温泉

 

1日に往復1本ずつしかありませんが
高速バスも出ています。

電車よりも速いし安いので、
時間さえ合えば、コチラをおススメします。

////// バスで移動する場合 //////

金沢駅西口(バス停)11:50発

↓北陸鉄道温泉特急線
↓菊の湯(58分)

山代温泉(バス停)12:48着

////// ロードバイクで移動する場合 //////

金沢駅

↓しおさいロード経由
↓ロードバイクで46km移動(2時間半)

山代温泉

 

さて、道中はパッとしなかったので
カットします。w

山代温泉エリアに入る間際、
案内所前に観光マップがありました。

徒歩でも十分巡れる大きさですね。
端から端まで歩いても10分少々かな。

マップ中央やや左上、
観光スポットが集まっている中心地を目指します。

中心地に到着しました!
風情あるけど天気悪ーいw

界隈をしばらく探索します。

こんな小径もありました。陶板っぽい案内が素敵。
今回のお昼はここにあったお蕎麦屋さんにします。

 

山代温泉はミニマルな温泉街!
「そば 山背」で昼食とろろ蕎麦

この日は暑かったので
冷たいお蕎麦が食べたくなりました。

「そば 山背」さんです!
お上品なたたずまい。

中に入ると、テーブル席に案内されました。

土間があります。やっぱり素敵。

メニューはこんな感じ。
Beerを飲みたいけど、チャリやし
この後は温泉に入るし、控えておきました。

すっごく悩みましたが、冷たいとろろを注文。

とろろ蕎麦、到着!
出汁は先にかけてくれるタイプですね。
出汁の色が濃い目で味も濃い目と見せかけて
実は優しい味なんでしょ、karateは知ってますよー

と、思いきや味はしっかり目。
でもお蕎麦の香りを損なうことはなく
噛むほど鼻に抜ける香りが広がります。

どうやら観光地価格というわけではなさそう。
ばっちり職人の業。大変失礼しました。

そば 山背
石川県加賀市山代温泉18−50
Mapはコチラ

 

いよいよ温泉へ!
「古総湯」は裸の付き合い社交の場!

山背さんから徒歩1分のところ、
山代温泉中心地の正に中心に

「古総湯(こそうゆ)」がありました。
名前からして歴史を感じますが
一方で建物は新しそうですな。

ただ、やはり山代温泉の歴史は古く、
開湯1300年だとか。

古くは明智光秀が湯治に訪れ、
北大路魯山人与謝野晶子などの
文人たちにも愛されてきた由緒ある温泉です。

残念ながら光秀の足跡はたどれませんでしたが
魯山人寓居跡が近くにあるようです。
後編でお邪魔してきましたので、また後ほど。

浴室をぐるっと囲むようにして通路があり、
こちら側が女湯で、

反対側が男湯でした。

ただ券売機が女湯側にしかなかったので
ドギマギしながらチケットを購入。
一目散に男湯へ駆け込みましたw

浴室には既に3名の先客が。
タイルが素敵なレトロな浴室でした。
さすがに写真は撮れないので、

これでご勘弁を。
もちろん、男湯と女湯がこんなに
開け放たれているわけではござんせん。
この絵でいうと、男湯は向こう側ですな。

タイルは展示下半分の白磁に青色で
絵が描かれていました。
色んな柄がランダムで並んでいたと記憶しています。

それにしてもお湯が熱いのなんの・・・!
karateは猫舌なのですが、お湯も熱いのが苦手で

「熱っ。えらい熱いやないか!」

と、お湯にツッコミを入れながら入ると
周りのお兄さん方がクスクス笑っていました。
いいえ、恐らく笑われていたんやと思います。w

一人はバイクで日本海沿いを北上旅の途中。
あとの二人は三重出身の石川の大学生でした。
もちろん、皆20歳そこそこ。若いぜ。

三人とも、温泉が大好きとのこと。
お若いのに、ジジくさいことで。w

もちろん、人力で来ているのはkarateだけ。
ロードバイクで来たこと、
お皿を買いに来たことを話すと

「やってることは若いのに、
趣味ジジイじゃないすか!」

と言われてしまいました。
そう、ジジくさいなんて
karateが言えた立場ではなかったのです。w

最後に入ったはずのkarateが一番最初に
上がってしまうという、
年長者の威厳を全く発揮できずに
お三人とお別れしました。

そうそう、洗い場はなかった気がします。
だから髪や体を洗うことはできへんのかも。
掛け湯だけして入る感じですね。
ご注意召されませ。

お風呂を上がってから
回廊にあった展示資料をまじまじと見ていると

 

 

 

ん?
なんか2階がありまっせ。
当然、あがりゃんせ。

ステンドグラスがすっごい仕事してる!ww
外から見たときはこんな色になってるなんて
全然気づきませんでした。
得も言われぬ気分になってくるなあ・・・

そうやら2階は休憩室になっているようで
お茶も自由に飲むことができます。

お疲れの折は、2階でゆっくりされるのも
良いかもしれません。

古総湯
石川県加賀市山代温泉万松園通2番地1
Mapはコチラ
 www.yamashiro-spa.or.jp 
「総湯」と「古総湯」〜山代総湯めぐり〜 - おすすめ旅プラン|山代温泉観光協会
http://www.yamashiro-spa.or.jp/model/399
北陸新幹線・金沢駅から27分、金沢観光のご宿泊は北陸随一の温泉地・山代温泉へ。宿情報、山代・加賀・金沢・福井・白川郷の観光情報、イベント情報

 



 

温泉といえば温泉卵!でも
〇フト〇リームといっしょに食べるのは
なんぼ何でも、どやさ・・・

古総湯を出ると、四方はお土産屋さんがいっぱい。

こちらは温泉卵専門店。
強気の商売です・・・!

反対側にはお土産と軽食屋さん。
店先には何やら
おどろおどろしい提案が。

おう、まじか。ww
冒険好きのkarateでも
バニラが限界やな。
抹茶はキケンすぎるwww

中に入ってすぐ、レジで
温泉卵付きソフトクリームを注文。
レジ横は随分賑やかでした。

レトロなパッケージが可愛い。
帰りの列車で食べる用に豆パンを購入。

まあ、当然ソフトクリームの用意に
そんなに時間がかかるわけもなく

ついに実食。
ちょっとタレかかってるやんー怖いー。

躊躇しているとレジのおばあちゃんが

「混ぜて食べたら美味しいよー」

と、セコンドについてくれました。
これは、karateが混ぜて一口食べるまで
仕事に戻ってくれなさそうですw

卵を潰してかき混ぜて、ずるっと一口。

うーん、みたらし味のプリンって感じ。
でもクセになる味。自然と匙が進む。
毎日食べてたら、家庭の一大文化になる予感w

おばあちゃんも安心してくれたみたいで
笑顔でレジに帰っていかはりました。
おばあちゃん、応援ありがとう!

山代温泉総湯売店
石川県加賀市山代温泉万松園通2番地1
Mapはコチラ

 



 

さて、前編はここいらでお開き。
後編では寺社仏閣と、いよいよ
魯山人窯跡を訪ねます!!

スポンサードリンク